芋焼酎   

芋焼酎は全般的に品薄様態が続いております。ご注文の数等ご希望に添えない場合もございます。

                                            価格はすべて税込となっております。

<克>
 杜氏 前村貞夫が,技と腕に磨きをかけて造り上げた逸品です。商品名の「克」とは、“己に勝つ”と言う意味合いを持ち、職人 前村貞夫の“男の意地”を賭けた焼酎です。



720ml\1,470
1.8 L \2,800



<導師>
「導師」を造る蔵は、「櫻の郷醸造株式会社」蔵の敷地内には、「焼酎道場」という施設があり、明治、大正時代の酒蔵のように、「人間の5感」による、機械に頼らない昔ながらの手造りを実現しています。特に、甕による貯蔵にこだわりを持っていて、「導師」は「完全甕仕込み」。甕へのこだわりが感じられます。

720ml\1,680
<焼酎道場・導師>
常圧・白麹+黒麹・1年2年3年6年甕貯蔵古酒ブレンド
 
720ml¥1,490
1.8L¥2,730


雑誌に掲載
<燃島>
業界で初めて、清酒で使われる黄麹菌と白麹菌を併用しました「どんぶり仕込み」。通常の芋焼酎と比べると酸味が強くどっしりとした奥行きのある芋焼酎


900ml¥1,575
1.8L¥2,625
<明るい農村>


720ml¥1,260
1.8L¥2,500

<赤芋仕込・明るい農村>


720ml¥1,319
1.8L¥2,679
<屋久の島
  大自然林>
 
原料は屋久島内で採れたさつま芋だけを使い、かめによる一次・二次の発酵を行う。長年の仕込みにより、かめにしみ付いた、野生酵母「蔵の精」に影響されて【伝承蔵】独特の豊かな香り、芳醇な味わいがあります。

720ml\1,185
1.8L¥2,289
<晴耕雨讀>




720ml\1,420
1.8L \2,600

<薩摩の風>
黒麹仕込みの芋焼酎を2年以上貯蔵しその味わいを落ち着かせ、白麹の甘味のある芋焼酎をブレンド。力のある「味わい」に仕上がった逸品。


720ml\1,396
1.8L \2,520

<龍宝>
【白麹にこだわる】【素材にこだわる】【水にこだわる】【造りにこだわる】こだわりの逸品
白麹仕込みの「奥深く端麗な甘さと切れの良さ」にこだわり、白麹三種を巧みにブレンドし、更に、味に力とバランスを与えた芋焼酎。

720ml¥1,417
1.8L ¥2,572
<奥霧島>
黒麹ゴールド というワンランク上の麹を使い
“江戸がめ”と呼ばれるかめ壷にて仕込み、
常圧蒸留したもの。




720ml¥1,344
1.8L ¥2,709


<砂のかけはし>古式蒸気釜蒸し芋、かめ壷仕込み 「砂のかけはし」 この蔵の焼酎はなんといっても古式蒸気釜コルニッシュ。 ありていに言えば旧式蒸気釜だが、効率重視の最新式の蒸気釜に比べ、ゆっくりとした時間の流れが豊かな蒸気を生み、それがおいしくむされた芋、米となりかめ壷に仕込まれておいしい焼酎へと変化していきます。

720ml¥1,302
<蘭>
一次仕込み用の麹、二次仕込みを共に全量「こがね千貫」を使用した純粋な芋だけの芋焼酎です。



720ml¥1,417
1.8L ¥2,835



 
<蘭・原酒>
一次仕込み用の麹、二次仕込みを共に全量「こがね千貫」を使用した、純粋な芋だけの芋焼酎です。そして、これはその原酒です。
 芳醇で繊細な全芋焼酎の風味をお楽しみ下さい。

720ml¥2,940

〈東五〉
原料を蒸すことなく、遠赤外線を応用した独自の製法により原料の成分を活かした香りと甘味を醸し出しています。口当たり爽やかな淡麗タイプの本格焼酎です。

720ml ¥1,155
1.8L  ¥2,100

<蘭・黒麹>






720ml ¥1,417
1.8L¥2,835



<古の千鶴>
黒麹かめ壷仕込みの三年古酒。4代目の神孝輔専務が、瓶に詰めながら思わず「これはすばらしいものが出来た」とつぶやいた逸品。
黒麹造りらしいふくよかな香りと、しっかりした十分なコクと深みがゆっくりと広がります。
720ml¥1,260
1.8L¥2,625
<紫尾山>
サツマイモ本来の甘さを引き出す白麹と、紫尾山を源流とする地下水で仕込み、幻の和紙といわれる地元、鶴田和紙を使ってじっくり時間をかけてろ過をした本格焼酎です。


720ml¥1,260


<神しずく>
初蒸留の600秒(10分間)までのはなたれだけを使用。凝縮された芋の風味豊かな焼酎です。麹は高品質の黒麹のみを使用。芋焼酎の特徴をより多く引き出すため、二次仕込み(かめ壷)のもろみの温度を高目に設定し、独特の芳香を生み出しました。 

300ml¥1,869
<伝>
明治の頃まで使われていた黄麹は、醸造管理が難しく黒麹・白麹に主役の座を追われ、焼酎造りに今ではほとんど使われなくなりました。カメ仕込み・木桶蒸留・カメ貯蔵で造られた、まさに焼酎造りの原点に帰る商品です。


720ml¥1,500
1.8L ¥3,150

<鉄幹>
この商品名でもある【鉄幹】とはかの文豪与謝野鉄幹であり、川内市に与謝野鉄幹・晶子夫妻が訪れたことをちなんで酒銘となりました。焼酎造り一筋の杜氏により【かめ】を使用し、大正末期に造られたレンガ造りの蔵で丹誠込めて仕込まれ醸し出された本格焼酎。

720ml¥1,134

<磨千貫>

いも焼酎の原料として最高級の「黄金千貫」
その中心部分のみを原料に、昔ながらの黒麹を使いかめ仕込で造られた、芳醇でマイルドな味わいの逸品。



720ml¥1,344
1.8L ¥2,575






戻る